花から花へ 欅平ビジターセンター STAFF BLOG

欅平ビジターセンター
STAFF BLOG

欅平ビジターセンター STAFF

欅平ビジターセンター
〒938-0200
富山県黒部市宇奈月町黒部奥山
TEL:0765-62-1155
 
黒部峡谷の景観とそこに生息する動植物の紹介。黒部峡谷の誕生や歴史・地形・地質・景観・動植物・登山ルート、峡谷と人間の関わりをマルチイメージスライドにより紹介しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
カウンター

花から花へ

ギンリョウソウ1
先日のギンリョウソウ、大雨やらなんやらでご報告が遅くなりましたが、無事開花しました。

ギンリョウソウ2
竜というよりタツノオトシゴの顔を思い出します。

マルハナバチ1
と、既に他のお客様がいらっしゃってました。
もふもふの体のマルハナバチです。
鮮やかなオレンジ色の背中(胸部の背面)が目立つので、おそらくトラマルハナバチかナガマルハナバチあたり。。。

マルハナバチ2
これは別の日、名剣温泉の近くの道路わきで。
オニアザミの花に頭をつっこんでせっせと蜜を集めているようです。

マルハナバチ3
もふもふの体が花粉だらけになってますよ。

顕花植物(よく目立つ花をつける植物)の繁殖には送粉者(ポリネーター)と呼ばれる「別の生きもの」が、花粉を別の個体に届けるのに重要な働きをします。
多くの場合は虫であったり、鳥や動物であったりします。
マルハナバチは少し涼しい山地や森林の植物にはかかせない送粉者です。
植物とすれば、同じ種のなるべく離れた場所(違う遺伝子の個体)にたくさん花粉を運んで欲しいのです。
マルハナバチやミツバチは学習能力が高く、その時に咲いている同じ種の花を集中して訪花すると聞いたことがあります。

オニアザミ
虫などに花粉を運んでもらって自分とは別の個体(遺伝子)の花粉がつかなければ種子を作れない植物もありますが、ギンリョウソウのように虫が来なくても種子を作ることができる植物もあります。
花に訪れる生きものがたくさんいるのかいないのか、それぞれの環境によって植物は様々な進化をしてきています。


コメントの投稿

非公開コメント

COPYRIGHT © 欅平ビジターセンター All RIGHTS RESERVED.