梅雨晴れ(1) 欅平ビジターセンター STAFF BLOG

欅平ビジターセンター
STAFF BLOG

欅平ビジターセンター STAFF

欅平ビジターセンター
〒938-0200
富山県黒部市宇奈月町黒部奥山
TEL:0765-62-1155
 
黒部峡谷の景観とそこに生息する動植物の紹介。黒部峡谷の誕生や歴史・地形・地質・景観・動植物・登山ルート、峡谷と人間の関わりをマルチイメージスライドにより紹介しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
カウンター

梅雨晴れ(1)

梅雨晴れー01
奥鐘橋から「サンナビキ山」を撮影しました。梅雨晴れの清々しい日和です。
梅雨の晴れ間は、気温が上昇し、湿度が高い状態になるのが通例ですが、今日の朝の気温は18度。また正午の気温は23度で快適な1日です。
梅雨は別名「黴雨(ばいう)」ともいわれ、黴(カビ)が生えやすい時季ですが、梅雨の合間の貴重な晴れの日は気分が上昇します。
弁当を忘れても傘を忘れるな! と言われたことがありますが、傘を持って出かけなくてもよい日は、誰もが出かけたくなるような晴れ間です。
梅雨の中休みの晴天を表す季語に「梅雨晴間(つゆはれま)」がありますが、同じ意味をもつ異名が「五月晴れ」。でも、梅雨なのになぜ“五月”なの?と思いがちでは?
新暦(グレゴリオ暦)の5月と、旧暦の5月が微妙に異なることはご存じのとおりです。例えば「旧暦の夏」は4・5・6月で、「旧暦の秋」は7月、8月、9月です。4月がすでに夏で、7月がもう秋とは、旧暦はずいぶん気が早い暦だったのでは?

コメントの投稿

非公開コメント

COPYRIGHT © 欅平ビジターセンター All RIGHTS RESERVED.