欅平ビジターセンター STAFF BLOG

欅平ビジターセンター
STAFF BLOG

欅平ビジターセンター STAFF

欅平ビジターセンター
〒938-0200
富山県黒部市宇奈月町黒部奥山
TEL:0765-62-1155
 
黒部峡谷の景観とそこに生息する動植物の紹介。黒部峡谷の誕生や歴史・地形・地質・景観・動植物・登山ルート、峡谷と人間の関わりをマルチイメージスライドにより紹介しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
カウンター

八千八谷の作り方

奥鐘橋
梅雨本番です。雨がよく降っています。

奥鐘山
奥鐘山に普段は見られない沢が現れます。
黒部峡谷はその豊富な水の流れによって浸食され、深いV字谷となったと考えられます。
この沢もいずれは岩壁を削って谷を作るのでしょうか。

奥鐘橋から上流
「黒部八千八谷(くろべはっせんやたん)」とは、たくさんの、数えきれないほどの谷が合流して黒部川の流れを作っていますよ。ということのたとえなのですが。
その名の通りトロッコに乗って眺めているだけでも大きな谷から小さな沢までたくさん見かけます。
このたくさんの谷、いったいどうやってできるのでしょう。

黒部川の流域の大半は花崗岩を主体としています。
御影石(みかげいし)という名で石材としてもおなじみの岩石です。
マグマが地下の深いところでゆっくり冷え固まって出来た花崗岩は非常に硬いのですが、マサ化と呼ばれる風化をしやすい性質も持っています。
漢字で書くと真砂(まさ)、とは花崗岩が風化してできた砂状のもののこと。

かたい花崗岩が風化してしまうと、山は削れたり崩れたりしやすくなります。
この風化作用は岩のある場所の違い、水や空気に触れる量、花崗岩に含まれる組成の違いなどによって風化しやすかったりしにくかったりするようです。
また、断層の存在、大町トンネルで有名な破砕帯なども水を通しやすくしたりして地形を変える要因となりそうです。

名剣手前
名剣温泉手前の崖(厳密にいえば花崗岩じゃないかもしれませんが)、よく見ると節理と呼ばれる一定方向にそろったひび割れがたくさん見られます。
この節理によって割れる方向が定まったり、硬いところが残ったり、様々な要因が重なって今の黒部峡谷のダイナミックな地形となりました。→有名なのは 十字峡 S字峡
そしてその地形は今もなお変化し続けています。

祖母谷堰堤
(山が崩壊して流れ下ってくる土砂を防ぐために建設された祖母谷堰堤。)
数百万年前から隆起し続ける大地は地表面で侵食され続けています。
今我々が見ている山はいつも同じようでいて、実は姿を変えているのかもしれません。

前回の記事 とは真逆なことを言っているようですが(^^;)
時間のスケールの違いですね。
鳥の飛び立つまでの時間と山が姿を変えるのに必要な時間。

声はすれども姿は

サンナビキ山
今日の欅平。
サンナビキ山から雲がたなびいてました。

「猿飛遊歩道は途中の河原園地まででも楽しめますか。」と
お客様にときどき聞かれます。
楽しめる。と思います。(個人的な意見ではありますが。)
黒部川の流れを間近に感じながら自然の中をのんびり歩くと楽しいです。

エゾアジサイ
色づき始めたエゾアジサイ。
そろそろ アジサイの仲間 も咲き始めました。

時折ひときわ大きな声の、鳥のさえずりが聞こえてきます。
おそらく オオルリ ではないかと思うのですが。なかなか姿を見つけることができません。

鳥(オオルリの♀?)
これは数日前に撮影したもの。
たぶんメス。この直前には隣に青い色のオスの姿もあったのですが。。。
難しいです。素早い鳥の動きにおいつけません。
声だけでも是非ここに来て聞いていただきたいです。

唐松岳(猿飛遊歩道)
帰り道。唐松岳の姿は見られました。
動かないから。写真もばっちり。


ダムの底

本日11:30より猿飛遊歩道の通行止めは河原園地まで解除となりました。
とはいえ。
ご通行の際は何卒ご注意ください。


今朝のトロッコから見た宇奈月湖。
宇奈月ダム排砂中

いつものエメラルドグリーンの湖面が。。。ありません。
ちなみに去年の秋の様子。

今日は梅雨時の風物詩ともなっている(なってないです^^;)連携排砂が行われています。
宇奈月ダムと出し平ダムの排砂ゲートを開けてたまった土砂を下流に流す。という。

美しい水の色は見られませんが。
これはこれで。見られたら貴重な景色。

あ。
正しくは「ダム湖」の底。

花から花へ

ギンリョウソウ1
先日のギンリョウソウ、大雨やらなんやらでご報告が遅くなりましたが、無事開花しました。

ギンリョウソウ2
竜というよりタツノオトシゴの顔を思い出します。

マルハナバチ1
と、既に他のお客様がいらっしゃってました。
もふもふの体のマルハナバチです。
鮮やかなオレンジ色の背中(胸部の背面)が目立つので、おそらくトラマルハナバチかナガマルハナバチあたり。。。

マルハナバチ2
これは別の日、名剣温泉の近くの道路わきで。
オニアザミの花に頭をつっこんでせっせと蜜を集めているようです。

マルハナバチ3
もふもふの体が花粉だらけになってますよ。

顕花植物(よく目立つ花をつける植物)の繁殖には送粉者(ポリネーター)と呼ばれる「別の生きもの」が、花粉を別の個体に届けるのに重要な働きをします。
多くの場合は虫であったり、鳥や動物であったりします。
マルハナバチは少し涼しい山地や森林の植物にはかかせない送粉者です。
植物とすれば、同じ種のなるべく離れた場所(違う遺伝子の個体)にたくさん花粉を運んで欲しいのです。
マルハナバチやミツバチは学習能力が高く、その時に咲いている同じ種の花を集中して訪花すると聞いたことがあります。

オニアザミ
虫などに花粉を運んでもらって自分とは別の個体(遺伝子)の花粉がつかなければ種子を作れない植物もありますが、ギンリョウソウのように虫が来なくても種子を作ることができる植物もあります。
花に訪れる生きものがたくさんいるのかいないのか、それぞれの環境によって植物は様々な進化をしてきています。


梅雨晴れ(1)

梅雨晴れー01
奥鐘橋から「サンナビキ山」を撮影しました。梅雨晴れの清々しい日和です。
梅雨の晴れ間は、気温が上昇し、湿度が高い状態になるのが通例ですが、今日の朝の気温は18度。また正午の気温は23度で快適な1日です。
梅雨は別名「黴雨(ばいう)」ともいわれ、黴(カビ)が生えやすい時季ですが、梅雨の合間の貴重な晴れの日は気分が上昇します。
弁当を忘れても傘を忘れるな! と言われたことがありますが、傘を持って出かけなくてもよい日は、誰もが出かけたくなるような晴れ間です。
梅雨の中休みの晴天を表す季語に「梅雨晴間(つゆはれま)」がありますが、同じ意味をもつ異名が「五月晴れ」。でも、梅雨なのになぜ“五月”なの?と思いがちでは?
新暦(グレゴリオ暦)の5月と、旧暦の5月が微妙に異なることはご存じのとおりです。例えば「旧暦の夏」は4・5・6月で、「旧暦の秋」は7月、8月、9月です。4月がすでに夏で、7月がもう秋とは、旧暦はずいぶん気が早い暦だったのでは?

COPYRIGHT © 欅平ビジターセンター All RIGHTS RESERVED.