2019年09月13日 欅平ビジターセンター STAFF BLOG

欅平ビジターセンター
STAFF BLOG

欅平ビジターセンター STAFF

欅平ビジターセンター
〒938-0200
富山県黒部市宇奈月町黒部奥山
TEL:0765-62-1155
 
黒部峡谷の景観とそこに生息する動植物の紹介。黒部峡谷の誕生や歴史・地形・地質・景観・動植物・登山ルート、峡谷と人間の関わりをマルチイメージスライドにより紹介しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
カウンター

黒部川本流と支流の水の色が少し違うのが分かりますか?

水の色の違い
海の青色や水深の深い川の青色は、水の伸縮振動に起因する可視光線の吸収に加え、空の色の反射も関連しているそうです。これは空の光の水面における反射や水中に入射した光が微粒子により散乱され、途中で水による吸収を受けた後、空中に脱出した透過光との合成による色が水の青色として出現しているそうです。水面における反射率は入射方向が水平に近づくほど高くなり、より空の色が反映される。夕焼けが反射すれば、海面はオレンジ色に染まるのも同様だそうです。
また、水に含む岩石などの微粒子の色も反映しているようです。
写真の水の色ですが、左下から上に流れているのが黒部川本流で、少し緑色に見えますね。 また、右下から上に流れているのが黒部川の支流で祖母谷川で、少し青く見えますね。
この水の色の違いは、前の記事の写真で分かる通り「立山連峰」と「後ろ立山連峰」の岩石の違い(すべての岩石ではありませんが)で、水に含む岩石の微粒子の色が反映されているようです。

立山連峰(黒部峡谷の左岸側)と後ろ立山連峰(黒部峡谷の右岸側)の岩石が違います。

岩の違い左の写真は黒部川(黒部峡谷)左岸側の岩石で、日本列島が誕生したころの古い花崗岩で、黄土色の系統です。
また、右側の写真は後ろ立山連峰が隆起してできた世界で最も新しい花崗岩(パンダ石と言われている)で、白っぽい色の系統です。
この二つの岩石が黒部川の水の色にに影響を与えているようです。

COPYRIGHT © 欅平ビジターセンター All RIGHTS RESERVED.