新着情報 欅平ビジターセンター STAFF BLOG

欅平ビジターセンター
STAFF BLOG

欅平ビジターセンター STAFF

欅平ビジターセンター
〒938-0200
富山県黒部市宇奈月町黒部奥山
TEL:0765-62-1155
 
黒部峡谷の景観とそこに生息する動植物の紹介。黒部峡谷の誕生や歴史・地形・地質・景観・動植物・登山ルート、峡谷と人間の関わりをマルチイメージスライドにより紹介しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
カウンター

【2019年度営業終了のお知らせ】

欅平ビジターセンターは11月30日をもちまして、2019年度の営業を終了致します。
今年度も多くの皆様にご来館いただき心より感謝申し上げます。
また、関係各所の皆様のご協力により、無事に今シーズンの運営を終えることができました。
ここに厚くお礼申し上げます。

来年度も黒部峡谷鉄道の全線開通(5月上旬頃)にあわせて営業開始を予定しております。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 〈欅平ビジターセンター職員一同〉
ビジターセンター建物

ビジターセンターと広場
また来年。(^^)/~~

紅葉の名残と雪の重み

今年度最後の日曜日は穏やかに晴れて。

1.jpg
(宇奈月駅横の山彦橋から)
名残の紅葉が輝いています。

2.jpg
(猫又駅付近のハウチワカエデとメグスリノキ?)
沿線も殆どの落葉樹は葉を落としましたが時折見かける色づいた葉。

3.jpg
(小屋平駅横のイタヤカエデ)
何故でしょうね。ぽつりぽつりと季節の遅い木があったりします。

5.jpg
欅平は先週の暴風が吹き荒れた日に大半の紅葉した葉が吹き飛ばされ

4.jpg
(名剣山)
常緑樹の葉の緑が目立ちます。

6.jpg
反対側、ビジターセンターの裏山は冬木立。

7.jpg
日差しをさえぎっていた葉がなくなって明るくなった林床を見てみると
木の根元が「根曲がり」しているのが良くわかります。

8.jpg
(猿飛遊歩道)
冬の間、斜面の上からのしかかってくる雪の重みによって押しつぶされ
春の雪解けとともに上に向かって成長を再開する。
何十年もの繰り返しで「根曲がり」の木はできあがります。

ヒトが立ち入れなくなる静かな山の中で植物は強かに息づいて春を待ちます。
もうほんのすぐそこまで雪の季節が近づいています。

冬支度

季節は秋から冬へと急速に移り変わっています。

1hashi.jpg
(昨日の朝の奥鐘橋)
前日の雨で凍り付いていました。

2ha.jpg
陽があたればすぐに溶けるのですが通行の際はどうぞご注意ください。

3sannabiki.jpg
振り返れば雪に覆われたサンナビキ山(標高1949m)。

4sannnabiki.jpg
今月初めごろから少しずつ雪がついたり消えたりしていましたが
すっかり雪をかぶるようになりました。
来週あたり欅平にも雪がちらつくかもしれませんね。

黒部峡谷トロッコ電車の営業も残り2週間となりました。
冬の間は雪に閉ざされるため欅平に立ち入ることが難しくなります。
そのためトロッコ電車の運行している間に遊歩道の安全柵の撤去といった冬支度を終えなければなりません。

5yuuhodou.jpg
(猿飛遊歩道)
崖の上から落ちてくる雪の重みで柵や土台が壊れてしまうのを防ぐためです。

すでに欅平周辺の山小屋や温泉施設は営業を終了しております。
遊歩道につきましても順次通行止めなどになりますことを何卒ご了承ください。
詳しくは当館もしくは黒部峡谷鉄道までお尋ねください。

冬の眠りにつく前の静かな欅平もなかなか風情がありますよ。
本当に寒いですけれど。

ふゆとなり

昨日は立冬。
寒いです。欅平。
朝は霜が降りるようになりました。

1saru.jpg
(奥鐘橋にニホンザル)
冬毛になったのでしょうか。夏よりも「もこもこ」としています。

紅葉もほぼ100%。
例年に比べるとおよそ1週間から10日ほど遅れ気味になりました。

5meikennsan.jpg 2meiken_201911091126597cd.jpg
(名剣山10月28日 → 11月9日)

3hiroba.jpg
(駅前広場、奥に見えるのはサンナビキ山)
紅葉しきった葉は徐々に散っていきます。
ビジターセンター前のサワグルミの木もすっかり葉を落としました。

4sawagurumi.jpg
(サワグルミの枝先には冬芽)
来年葉を広げるための冬芽がしっかり出来ています。

雪に閉ざされる冬を前に、生き物たちは姿を変えていきます。

「冬隣(ふゆどなり)」は立冬を前にした秋の季語です。
過ぎてしまったので今日のところは「冬と成り」で。
おそまつ。


【おまけ】
先日の「パンダもみじ」 その後
5momiji.jpg
赤い部分は増えませんでしたが黄色に紅葉しました。

来年の準備

まだ紅葉というには気が早い感じではありますが、ほんのり黄色やオレンジ色がかった部分も増え始め、ビジターセンター前の広場の落ち葉の量も日増しに増えてまいりました。
広場
(駅前広場から)※肉眼ではもうちょっと色づいてるように見えます(^^;)

「落葉」は葉の付け根に離層という部分があり、枝から切り離されることで起こります。
これは落葉樹に関わらず、樹木のほとんどで起こります。
サワグルミ落ち葉
(サワグルミの落ち葉)

落葉樹と呼ばれるものは、1年のうちで光合成に適した季節にのみ葉をつけます。
温帯の落葉樹であれば春から秋に葉をつけて光合成をし、寒い冬には全ての葉を落とします。
冬は気温が低いので、葉をつけていても光合成をして得られるメリットより、葉の維持に必要なコストの方が勝ってしまうからです。
ヤマザクラ葉
(ヤマザクラの葉)

一方、冬の間も緑の葉をつけている常緑樹は、そのあたりのコストパフォーマンスを良くしているのでしょう。落葉樹に比べると丈夫な葉を作り、その寿命は1年以上(~数年)ですが、やはり古くなったり、傷んだ葉は生産性が悪いので落葉します。
ツガ葉
(ツガの葉)

つまり、どのタイミングで葉を落とすかは樹木にとってのコストパフォーマンスが最適になるように調整されています。
落葉樹であれば気温条件によって大きく左右されます。

葉を落とすとき、葉に含まれる養分や、葉の働きに必要な成分はなるべく多く回収して、次に作る葉に使うために枝や幹などに貯蔵します。
回収や貯蔵をするために、葉の中でさまざまな形に組み立てられているものをいったん分解しなければなりません。

まず最優先で回収しようとするものが光合成色素のひとつ、葉の緑色を作り出している葉緑素(クロロフィル)の成分です。これが分解されていくと緑色がだんだん薄くなり、紅葉もしくは黄葉します。
黄色くなるものは、もともと葉に含まれている黄色の色素(カロテノイド)が、緑色が消えたことによって見えるようになった状態です。
赤くなるものは、落葉の前に新たに葉の中で赤い色素(アントシアニン)が作られることによって起こります。これも緑色が薄くならなければ見えません。
キブシ紅葉
(一部分だけ赤くなったキブシの葉)

ヒトの目を楽しませてくれる紅葉ですが、実は植物の葉の中では着実に来年のための準備をしています。

そして、この「葉が赤くなる」現象、どういう仕組みで赤くなるのかは解明されていますが、「何故」赤くなる必要があるのかということについては、諸説ありますが、まだはっきりとは解明されていないのだそうです。
これはなんとなくこのまま解き明かされず、いつまでも自然の不思議のひとつであってほしいなと、ちょっと思います。

COPYRIGHT © 欅平ビジターセンター All RIGHTS RESERVED.