新着情報 欅平ビジターセンター STAFF BLOG

欅平ビジターセンター
STAFF BLOG

欅平ビジターセンター STAFF

欅平ビジターセンター
〒938-0200
富山県黒部市宇奈月町黒部奥山
TEL:0765-62-1155
 
黒部峡谷の景観とそこに生息する動植物の紹介。黒部峡谷の誕生や歴史・地形・地質・景観・動植物・登山ルート、峡谷と人間の関わりをマルチイメージスライドにより紹介しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
カウンター

来年の準備

まだ紅葉というには気が早い感じではありますが、ほんのり黄色やオレンジ色がかった部分も増え始め、ビジターセンター前の広場の落ち葉の量も日増しに増えてまいりました。
広場
(駅前広場から)※肉眼ではもうちょっと色づいてるように見えます(^^;)

「落葉」は葉の付け根に離層という部分があり、枝から切り離されることで起こります。
これは落葉樹に関わらず、樹木のほとんどで起こります。
サワグルミ落ち葉
(サワグルミの落ち葉)

落葉樹と呼ばれるものは、1年のうちで光合成に適した季節にのみ葉をつけます。
温帯の落葉樹であれば春から秋に葉をつけて光合成をし、寒い冬には全ての葉を落とします。
冬は気温が低いので、葉をつけていても光合成をして得られるメリットより、葉の維持に必要なコストの方が勝ってしまうからです。
ヤマザクラ葉
(ヤマザクラの葉)

一方、冬の間も緑の葉をつけている常緑樹は、そのあたりのコストパフォーマンスを良くしているのでしょう。落葉樹に比べると丈夫な葉を作り、その寿命は1年以上(~数年)ですが、やはり古くなったり、傷んだ葉は生産性が悪いので落葉します。
ツガ葉
(ツガの葉)

つまり、どのタイミングで葉を落とすかは樹木にとってのコストパフォーマンスが最適になるように調整されています。
落葉樹であれば気温条件によって大きく左右されます。

葉を落とすとき、葉に含まれる養分や、葉の働きに必要な成分はなるべく多く回収して、次に作る葉に使うために枝や幹などに貯蔵します。
回収や貯蔵をするために、葉の中でさまざまな形に組み立てられているものをいったん分解しなければなりません。

まず最優先で回収しようとするものが光合成色素のひとつ、葉の緑色を作り出している葉緑素(クロロフィル)の成分です。これが分解されていくと緑色がだんだん薄くなり、紅葉もしくは黄葉します。
黄色くなるものは、もともと葉に含まれている黄色の色素(カロテノイド)が、緑色が消えたことによって見えるようになった状態です。
赤くなるものは、落葉の前に新たに葉の中で赤い色素(アントシアニン)が作られることによって起こります。これも緑色が薄くならなければ見えません。
キブシ紅葉
(一部分だけ赤くなったキブシの葉)

ヒトの目を楽しませてくれる紅葉ですが、実は植物の葉の中では着実に来年のための準備をしています。

そして、この「葉が赤くなる」現象、どういう仕組みで赤くなるのかは解明されていますが、「何故」赤くなる必要があるのかということについては、諸説ありますが、まだはっきりとは解明されていないのだそうです。
これはなんとなくこのまま解き明かされず、いつまでも自然の不思議のひとつであってほしいなと、ちょっと思います。

クマとの遭遇に注意

先月、富山県では「ツキノワグマ出没注意情報」が発令されました。
毎日のように「クマ出没」のニュースが聞かれます。

ツキノワグマは冬眠前の秋になると食欲を増し、大量の餌を求めて活動範囲を広げます。
昨年はやや豊作だった山のブナやミズナラの堅果(どんぐり)が、今年は凶作と報告されているため、本来の生息地を外れてヒトの住むエリアまで活動範囲を広げているのかもしれません。

ビジターセンターのお客様から
「このあたりにクマはいますか」と、時々質問されます。
はい。います。もちろんいます。
20130703_07.jpg

ツキノワグマの生息地です。
欅平周辺でも目撃情報は年に数回ほどありますが、皆さんが散策で歩かれるような範囲での人的被害は今のところ無いようです。多くのヒトで賑わう日中などは特に、警戒して姿を見せないのかもしれません。

しかし残念なことに、先日、黒部ダムに向かう旧日電歩道にて登山道整備の作業員の方が親子クマと遭遇し、ケガをされました。

本来臆病な性格のツキノワグマが積極的にヒトを襲うことは、ごく稀です。
でも、欅平からさらに奥山に登山で向かわれる場合、見通しのきかない登山道で出合頭に遭遇してしまうと、驚いて襲ってくる可能性が高いのです。
鉢合わせてしまう前に、なるべくヒトの存在を知らせて、クマに避けていただくのが最良です。
どうぞクマ鈴など音の出るものを身に着ける、グループで行動するなど、十分な準備をして、厳重な警戒をしつつ、山に入ってください。
「落石の危険があるため」といってヘルメット着用をお勧めしていますが、クマに遭遇して襲われた時の防護にも役立ちます。

万が一、クマに遭遇してしまっても、あわてず、騒がず。
落ち着いて行動しましょう。
参考↓
クマを知って事故を防ごう

黒部峡谷自然観察会を行います 【10月28日 月曜日】

欅平ビジターセンター運営協議会では、
10月28日(月曜日)に欅平周辺で自然観察会を開催します。
2019秋の自然観察会申込書

ルートは欅平から祖母谷温泉を予定しています。
先着20名。
申し込み締切りは10月17日ですが、
定員に達した時点で受付を終了いたしますのでお早めに。

お申込み、お問い合わせは→黒部市役所商工観光課内・協議会事務局まで。

猿飛遊歩道について

残念なお知らせです。↓
猿飛遊歩道の一部通行止めについて(今シーズン閉鎖)

猿飛峡を間近に見られる「猿飛峡展望台」に行けないのは本当に残念です。
でも遊歩道の「一部」ですから。
「大部分」は通行できますから。
黒部川の流れを間近に感じながら峡谷の自然を楽しめる遊歩道です。

今、見ごろを迎えているのは
1akinokirin.jpg

2akinokirin.jpg
アキノキリンソウや

3tennninn.jpg

4tennninn.jpg
テンニンソウなど

そして来月にはいよいよ紅葉の季節を迎えます。

「猿飛峡見られないなら行かなくても良いかな。」
なんておっしゃらずに。
通行止めのところまで行くと下流の方に
5ikidomari.jpg
川岸の岩壁がせり出して川幅の狭くなった
「猿飛峡」の入り口部分が見えますから。

(落石や転倒に注意して)散策をお楽しみください。

黒部川本流と支流の水の色が少し違うのが分かりますか?

水の色の違い
海の青色や水深の深い川の青色は、水の伸縮振動に起因する可視光線の吸収に加え、空の色の反射も関連しているそうです。これは空の光の水面における反射や水中に入射した光が微粒子により散乱され、途中で水による吸収を受けた後、空中に脱出した透過光との合成による色が水の青色として出現しているそうです。水面における反射率は入射方向が水平に近づくほど高くなり、より空の色が反映される。夕焼けが反射すれば、海面はオレンジ色に染まるのも同様だそうです。
また、水に含む岩石などの微粒子の色も反映しているようです。
写真の水の色ですが、左下から上に流れているのが黒部川本流で、少し緑色に見えますね。 また、右下から上に流れているのが黒部川の支流で祖母谷川で、少し青く見えますね。
この水の色の違いは、前の記事の写真で分かる通り「立山連峰」と「後ろ立山連峰」の岩石の違い(すべての岩石ではありませんが)で、水に含む岩石の微粒子の色が反映されているようです。

COPYRIGHT © 欅平ビジターセンター All RIGHTS RESERVED.